オッテのココカラkitchen

素材の栄養と効能を知って『ココろ』と『カラだ』が元気になる料理とお菓子を

【捨てないで!】節約にもなるブロッコリーの茎と明太子の炒めもの

こんにちは!otteです。

 

捨てられる部分ランキング上位に入ってるんじゃないでしょうか。

茎とか名のつく時点で捨ててまいそうな部分やん。

ブロッコリーの軸やったら食べられるか?

一緒や

ブロッコリーの持ち手。確かにそこ持つけど

 

ここにもビタミンC、βカロテン、食物繊維などがたっぷり。

ちゃんと一品になってくれますちゃんとて

節約にもなっておすすめですので月末ピンチな時は是非作ってみてください。

 

【捨てないで!】節約にもなるブロッコリーの茎と明太子の炒めもの


f:id:otte:20181117170553j:image

〈材料〉

ブロッコリーの茎200g(4本分)

明太子 1/2腹~

しょうゆ 小1/2~

 

〈作り方〉

1.ブロッコリーは少量の水でサッと蒸し茹でする(1~2分)

*茹でた方が皮が剥きやすくなります。

2.茎のお尻の部分を見ると硬い繊維質の部分に境界線ができるので、そこに包丁を入れて裂くようにして剥く(手でベロンといってもらっても)

3.剥けたら縦に四つ割にして斜めスライス

4.油を熱したフライパンにブロッコリーの茎を入れて炒め、火が通ったら明太子も入れて軽く炒める

5.最後にしょうゆを回し入れてできあがり

 

〈ポイント〉

茎の部分は硬い繊維質をむくと案外少量になってしまうのでブロッコリー4個分くらいで作るとボリュームある一品になります。
とはいえ、ブロッコリー4個も買わんやろって思うんで茎部分は冷凍がおススメ。
作り方の3までしてジップロックなどに入れて冷凍します。
4個分くらいたまったかなーって量になったら作ってみてください。
勿論1個分で作っても止めはしません。

 

◎ブロッコリーの茎に期待できる効果効能

蕾の方に栄養を送り届ける役割をしている茎の部分には蕾より多くの栄養が含まれています。
ビタミン、βカロテン、カリウム、食物繊維などが豊富で甘みも多く栄養満点。
 ●美肌効果
●便秘解消
●ストレス緩和
●疲労回復
●むくみ予防
●風邪予防
●高血圧予防
などの効果が期待されます。
 

関連記事

www.otte515.com

 

ブロッコリーの茎の部分て栄養豊富で甘くて美味しいという事に気付いてからは

日々活用しています。

特にお味噌汁に入れるとお味噌の旨味とブロッコリーの甘みがめちゃマッチ。

味わい深いお味噌汁になりますよ。

歯ごたえもあるんで噛み応えがあって食べる味噌汁になります。

ブロッコリーは食物繊維が豊富なんで、この食べる味噌汁を食べ始めにいただくと

血糖値の上昇も緩やかに、そして咀嚼回数もあって満腹中枢を刺激してくれるんで食べ過ぎ防止に繋がりダイエットにも期待できます。

ゆっくり噛んで茎の甘みを味わってみてくださいね。

 

 

パパのひとこと

「胡麻和え?」

以上現場からお伝えしました。