オッテのココカラkitchen

素材の栄養と効能を知って『ココろ』と『カラだ』が元気になる料理とお菓子を

しいたけの栄養と効能。冷凍保存はできる?選び方や保存方法。

こんにちは!otteです。

しいたけの栄養と効能。選び方や保存方法。


f:id:otte:20181008181947j:image

サツマイモにも匹敵するほどの食物繊維が豊富なしいたけ。

そんなしいたけにはどんな効果があるのでしょうか。


しいたけの栄養と効能

【栄養】

●エルゴステリン●
紫外線に当たるとビタミンDに変化します。
●βグルカン●

きのこ特有の栄養素。ウィルスから体を守ってくれます。

●エリタデニン●

悪玉コレステロールを排出してくれます。

 

【効能】

免疫力アップ

動脈硬化予防

ガン予防

骨粗鬆症予防

肥満防止

便秘解消


しいたけの選び方と保存方法


【選び方】

裏のひだが白く、笠は肉厚で軸の太いものが良品です。


【保存方法】

〇冷蔵〇

乾燥しやすいのでクッキングペーパーなどで包み、ポリ袋に入れて保存します。

その際、笠を下向きにすると笠の裏の胞子が飛び散ってしまい、胞子が付着した部分が黒ずんで早く傷んでしまいます。

笠はを下、軸は上向きで保存しましょう。

f:id:otte:20181008182551j:image

〇冷凍〇
冷凍することで細胞が壊れて旨味がアップします。

用途に合わせてカットして冷凍します。調理は凍ったままで使えます。

注意点

■水で洗うと風味が落ちてしまうので、汚れているところはキッチンペーパーなどで拭き取りましょう。
■食べ過ぎると胃腸の負担になって消化不良を起こすので注意が必要です。


ひとくちメモ

干しシイタケは生しいたけよりビタミンDやB、食物繊維などの栄養価が10倍近くアップします。

また干すことでうまみ成分が生成されるのでだし汁も美味しくなります!

しいたけの干し方

1.水で洗わずに汚れは軽く拭き取り、石づきの部分を取り除きます。

2.用途に合わせてそのまま干したり、薄切りにしたりします。

3.重ならないようにネットやザルに並べ日に当てます。(紫外線に当てるとビタミンDに変わるエルゴステリンは笠の裏に多く含まれているため、裏を向けて干しましょう。


f:id:otte:20181013211131j:image

f:id:otte:20181008182004j:image

(市販の干ししいたけの中には熱風だけで乾燥させたものもあるので生シイタケ同様、天日干しすると良いですよ)

4.1時間ほどで栄養アップ。もっとドライにする場合は時間をかけて日に当ててくださいね。

 

 

 ひと手間かかりますが、日に当てるだけで栄養満点のしいたけにパワーアップ!

おひさまの力を借りない手はないですね!!

 

パール金属 ひもの 干し網 3段 300×200mm H-45

パール金属 ひもの 干し網 3段 300×200mm H-45